PAPERBACK GUIDE 

V.S.Naipaul(1932- )
V.S.ナイポール

 西インド諸島トリニダードのインド人の家系に生まれ、現在はイギリスに在住。彼は1950年より奨学生としてイギリスのオックスフォード大学で4年間学んだ後、作家として出発し、以来創作に専念した。1971年に"In a Free State"にてブッカー賞を受賞、2001年にノーベル文学賞を受賞した。1990年には文学への貢献により貴族の称号を授与されている。




全画面表示

 1. A Bend in the River/暗い河(1979)
  難易度:☆☆  
 翻訳書

 1960年代の中央アフリカの新興独立国家を舞台にした小説です。語り手のサリムは、まだ若いインド系のイスラム教徒で、彼の一族は代々アフリカの東海岸の町で暮していました。サリムはアフリカ中央部の大きな河の湾曲部(bend in the river)に位置する町にある、知り合いのナズルディンが所有する店を安く買い、そこで雑貨小売の商店を開く決意をし、東海岸から車で1週間以上かけて苦労してやって来ますが、町の半分は破壊されほとんど廃墟となりかけていました。他のアフリカ諸国同様、独立後のこの国も難問を抱え、なにもかもゼロからスタートしなければならないだろうとナズルディンは言っていたのでした。

 Nazruddin, who had sold me the the shop cheap, didn't think I would have it easy when I took over. The country, like others in Africa, had had its troubles after independence. The town in the interior, at the bend in the great river, had almost ceased to exist; and Nazruddin said I would have to start from the beginning.

 町は植民地からの独立後、地域の貿易センターとなるまでに発展し、サリムの商売も順風に思われたのですが、新政権下では生粋のアフリカ人でない彼は"外国人"という範疇に入れられ、店を没収されてしまいます。
 作者のナイポールは語り手のサリムをアフリカ人でもなく、ましてやヨーロッパ人でもないというアウトサイダー的な立場に設定し、客観的にこの国の状況を捉えることが可能な視点をもたせ、ヨーロッパの植民地支配からの自主独立を勝ち取るものの、その栄光もつかの間、無知と貧困と内戦の混沌の中で崩壊へと陥っていく国家を内側から描くことに成功しています。
 この作品から読み取るかぎりにおいて、ナイポールのアフリカ国家観は極めて悲観的なものですが、国家体制の大きな変革の中で翻弄されながらも、そこで日々暮らし生きる人々、大統領(The Big Man)のアドバイザーでエリート達のために作られた特権区域(The New Domain)に住む白人レイモンド、彼の若くて美しい妻でサリムと関係を持つようになるイヴェット、サリムの常連客の息子で新たな体制の中でエリートを目指すフェルディナンド、代々サリムの一族の奴隷として仕え、サリムの召使いとして働く若いメティなどに対するまなざしが、まだしも暖かいことが救いでした。

 窮地に追い込まれ逮捕されたサリムに対し、役人となったフェルディナンドは、誰にも告げず何も持たずに町を出るように言い、彼自身が抱く絶望の思いをサリムに語ります。
 
 'We're all going to hell, and every man knows this in his bones. We're being killed. Nothing has any meaning. That is why everyone is so frantic. Everyone wants to make his money and run away. But where? That is what is driving people mad. They feel they're losing the place they can run back to. I began to feel the same thing when I was a cadet in the capital. I felt I had been used. I felt I had given myself an education for nothing. I felt I had been fooled. Everything that was given to me was given to me to destroy me. I began to think I wanted to be a child again, to forget books and everything connected with books. The bush runs itself. But there is no place to go to.'

TOPへ  HOMEへ

(次回紹介予定)Miguel Street(1959) 
  サマセット・モーム賞受賞作

 ナイポールの自伝的短篇集。


参考Webページ

○V.S.ナイポール関連出版リスト : amazon. com.(洋書和書

○参考資料
 ・V.S.ナイポール(Wikipedia)
 ・「暗い河」と同時期、同地域(ベルギー領コンゴ:独立後のザイール)での伝道師一家の苦難を描いた小説「ポイズンウッドバイブル/B.キングソルヴァー」の紹介(当サイト
 ・アフリカ地図とコンゴ内戦の歴史(当サイト

○ 検索
   


主要作品リスト  

  • The Mystic Masseur/神秘な指圧師(1957)
  • The Suffrage of Elvira (1958)
  • Miguel Street (1959)
  • A House for Mr. Biswas (1961)
  • The Middle Passage (1962)
  • Mr. Stone and the Knight's Companion (1963)
  • And Area of Darkness/インド・闇の領域(1964)
  • A Flag on the Island (1967)
  • The Mimic Men (1967)
  • The Loss of Eldorado (1969)
  • In a Free State/自由の国で (1971)
  • The Overcrowded Barracoon and Other Articles (1972)
  • Guerillas (1975)
  • India: A Wounded Civilization/インド・傷ついた文明(1977)
  • A Bend in the River/暗い河(1979)
  • A Congo Diary (1980)
  • The Return of Eva Peron/エバ・ペロンの帰還(1980)
  • Among the Believers: An Islamic Journey/イスラム紀行(1981)
  • Finding the Center/中心の発見 (1984)
  • The Enigma of Arrival (1987)
  • A Turn in the South (1989)
  • India: A million Mutinies Now/インド・新しい顔(1990)
  • Homeless by Choice (1992) with R.Jhabvala and S.Rushdie
  • Bombay (1994) with Raghubir Singh
  • A Way in the World (1994)
  • Beyond Belief (1998)
  • Between Father and Son: Family Letters (1999) edited by Gillon Aitken
  • Half a Life/ある放浪者の半生 (2001)
  • The Writer and the World (2002)
  • Magic Seeds/魔法の種(2004)




 
ページTOPへ         PAPERBACK TOPへ         HOMEへ