HOME l  PROFILE l  国内作家 l ジャズ l ピアノ音楽 l ポップス他 l 現代音楽 l 美術館映画 l 散歩 l 雑記TWITTER
海外作家作品紹介

作りつけの本棚にはいろんな本が並んでいた。文学全集があったり、詩集があったり、映画雑誌があったり、絵画展のパンフレットがあったりした。英語のペーパーバックも何冊か並んでいた。
「午後の最後の芝生」/ 村上春樹

 
今までに読んだペーパーバックの中で印象に残っている作家、作品を紹介していきたいと思います。
始めに、僕なりの読み方についてまとめてみましたのでペーパーバック初体験の人は参考にしてください。
 

CONTENTS : クリックでリンクします。
ペーパーバック入門
■お気に入りの作家の作品紹介
 >一般小説
 >戯曲・シナリオ
 >ミステリー・サスペンス
 >SF・ファンタジー
 >児童文学
 >英詩
 >英語圏以外の海外作家
原作と映画化作品
児童文学の名作をペーパーバックで
■マザーグース童謡
■考察:「1Q84」と他作家の作品との繋がり
英米文学賞受賞リスト(Wikipedia)
 >ブッカー賞(英)
 >全米図書賞(米)
 >
ペン/フォクナー賞(米)
 >ノーベル文学賞(ス)
■話題作の紹介
 >指輪物語(全3部紹介)
 >ハリー・ポッター・シリーズ

1. 一般小説(生年順) : 作家名のクリックで紹介ページにリンクします。

2. 戯曲・シナリオ(生年順) : 作家名のクリックで紹介ページにリンクします。
3. ミステリー・サスペンス(生年順) : 作家名のクリックで紹介ページにリンクします。
4. SF・ファンタジー(生年順) : 作家名のクリックで紹介ページにリンクします。
5. 児童文学(生年順) : 作家名のクリックで紹介ページにリンクします。
6. 英詩(生年順) : 作家名のクリックで紹介ページにリンクします。
7.英語圏以外の海外作家 : 作家名のクリックで紹介ページにリンクします。

 HOME l  PROFILE l 国内作家 l ジャズ l ピアノ音楽 l ポップス他 l 現代音楽 l 美術館 l 映画 l 散歩 l 雑記TWITTER