僕は家を出てから、ほとんど同じ音楽ばかり繰り返し聴いている。レイディオヘッドの『キッドA』とプリンスの『グレーティスト・ヒッツ』、そしてときどきジョン・コルトレーンの『マイ・フェヴァリット・シングズ』。
「海辺のカフカ」/村上春樹


好きなもののあれこれについて、まとめてみました。随時、追加したいと思っています。
クリックでリンクします。


Book

海外一般小説・戯曲(古典:1950年以前)(発表年順、1作家1作品に限定)

海外ミステリー(古典)
 まあ、妥当なところではないでしょうか。(順不同、1作家1作品に限定)
  • シャーロック・ホームズの冒険(1892)/コナン・ドイル
  • Xの悲劇(1932)/エラリー・クイーン
  • 黄色い部屋の謎(1907)/ガストン・ルルー
  • 八点鐘(1923)/モーリス・ルブラン
  • 樽(1920)/F.W.クロフツ
  • そして誰もいなくなった(1939)(あるいは「葬儀を終えて」)/アガサ・クリスティ
  • マルタの鷹(1930)/ダシール・ハメット
  • 長いお別れ(1953)/レイモンド・チャンドラー
  • 警官嫌い(1956)/エド・マクベイン
  • 幻の女(1942)/ウィリアム・アイリッシュ
  • さむけ(1963)/ロス・マクドナルド
  • 笑う警官(1968)/M.シューヴァル、P.ヴァールー

海外ミステリー(比較的新しい作品から)
 比較的新しいところから選んだベスト10を挙げてみました。といっても全然新しくなくて、このところミステリーにご無沙汰なのが祟っていて、みな10年以上前の作品になってしまいました。(順不同、1作家1作品に限定)

SF
 海外ミステリー同様、、こちらも古い作品ばかりとなってしまいました。(順不同、1作家1作品に限定)

2002年に読んだペーパーバックで印象に残った作品(出版年降順):再読を含む
○ 2002年に読んだ国内出版本で印象に残った作品(順不同):再読を含む
  • 裏庭、西の魔女が死んだ、からくりからくさ/梨木香歩 :今年はまった作家の一人
  • 続・明暗/水村美苗 :新作の「本格小説」を読みたい
  • 明暗/夏目漱石(再読):漱石はいつかまとめて読み返したい
  • おかめインコに雨坊主/芦原すなお :癒し系の作品で安井寿磨子さんの挿絵もよかった
  • 月の砂漠をさばさばと/北村薫 :今年は"私"シリーズの紹介をしたい
  • 断崖の年リビング・ゼロ/日野啓三(再読):敬愛する作家でしたが10月に亡くなりました
  • 最後の息子/吉田修一 :とくに青春小説の「water」がじーんときた
  • 応為坦坦録/山本昌代 :今年はまった作家の一人。来年には未紹介作品も
  • 桜の森の満開の下、夜長姫と耳男/坂口安吾 :夢の遊眠社公演ビデオに感動しました
  • ハドリアヌス帝の回想/ユルスナール :ユルスナールには、まだ読みたい作品がいくつも
  • (未紹介)背教者ユリアヌス/辻邦生 :ボッティチェリを描いた「春の戴冠」も読みたい


Music

○ 映画のオリジナル・サウンド・トラック
 ミュージカル映画は除き、作曲者あたり1作品に限定しました。あまり深く考えていないので、大きな抜けがあるかもしれませんが....


Movie

ドラマ(海外)(順不同、同一監督では1作品まで)

ミュージカル映画(順不同、同一監督では1作品まで)
  • ウエストサイド物語 :この1位は決定
  • 雨に唄えば:この2位も決定
  • サウンド・オブ・ミュージック:この3位も決定
  • シェルブールの雨傘
  • バンド・ワゴン
  • オズの魔法使い(ジュディ・ガーランド主演の方)
  • パリの恋人
  • マイ・フェア・レディ
  • メリー・ポピンズ
  • お熱いのがお好き
  • キャバレー
  • 屋根の上のバイオリン弾き
  • ロッキー・ホラー・ショー
  • ムーラン・ルージュ
  • シカゴ

ミュージック・ライブ映画
 こちらのページで詳しく紹介しています。(同一ミュージシャンでは1作品まで)
  1. ラスト・ワルツ(1978)/ザ・バンド  
  2. ウッドストック(1970) /CS&N、テン・イヤーズ・アフター、スライ&ファミリーストーン、ジミヘン他 
  3. レット・イット・ビー(1969)/ビートルズ
  4. 魂の叫び(1988)/U2 
  5. 狂熱のライブ(1973)/レッド・ツェッペリン  
  6. レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー(1983)/ローリング・ストーンズ
  7. イヤー・オブ・ザ・ホース(1997)/ニール・ヤング
  8. ジャニス(1974)/ジャニス・ジョップリン
  9. エルビス・オン・ステージ(1970)/エルビス・プレスリー
  10. 真夏の夜のジャズ(1958) 
  11. ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999)

○ 2002年に観た映画で印象に残った作品(公開年降順):旧作の再見を含む
  • マイノリティ・リポート('02):楽しめました
  • ロード・オブ・ザ・リング ('01):「二つの塔」が待ち遠しい
  • ユリイカ '00: 今年観た国内映画の中では一番感動した
  • スローターハウス5 ('72): 12/27に監督のジョージ・ロイ・ヒルが亡くなったとの悲報が届きました
  • 愛すれど心寂しく ('68):ずっと探していたのでレンタル・ショップで見つけた時はうれしかった
  • ブレード・ランナー(ディレクターズ・カット版)('82) : オリジナル版もどちらもいいです
  • (未紹介)ビューティフル・マインド:事前知識なしに観て、びっくりした
  • (未紹介)アメリ:いかにもフランス映画という感じ
  • (未紹介)あの頃ペニーレインと:ゴールディ・ホーンの娘ケイト・ハドソンがよかった
  • (未紹介)ムーランルージュ:悲しいストーリーだけど、楽しいというミュージカルの醍醐味を満喫
  • (未紹介)マルホランド・ドライブ:デビッド・リンチの世界を堪能。ナオミ・ワッツがよかった
  • (未紹介)レオン(完全版):少女役のナタリー・ポートマンの演技がすごい。完全版のほうがよかった



HOMEへ